巻き爪の治療法 | 体の症状の正しい知識を身に付け巻き爪の予防と治療法を知ろう

体の症状の正しい知識を身に付け巻き爪の予防と治療法を知ろう

巻き爪の治療法

巻き爪の治療法は複数あり、症状の進行によって用いられる治療法は異なってきます。
一般的に巻き爪の治療法は手術治療と保存療法の2種類に分けられ、手術療法は外科的治療が必要となります。
この手術では爪の根元から、巻き込みが始まる部分を除去するというもので、この根本を除去すれば爪は生えてこないと言われています。
手術には有名な方法として鬼塚法とフェノール法があり、どちらも爪の根元を切除したり機能させなくすることで今後生えないようにします。
前者は根本から切除するため、術後の痛みが強いとされています。
後者は根本部分から少し上を切除し、根本はフェノール液を染み込ませた綿棒などで焼くことで機能させなくします。手術ではこの方法がよく使われます。
手術のメリットは短時間で巻き爪を治療できる点で、比較的短期間で完了します。

根本から機能させなくすることで生えないようにする手術に対し、最近では外科的手術を一切しない保存療法が注目されています。
保存療法にも幾つか方法があり、中でも軽度の巻き爪の場合は巻き込み部分にコットンを詰めることで痛みを緩和できます。
重度の場合でもワイヤーやプレートを使用して矯正することで手術せずに痛みを緩和できる方法も存在します。
矯正する場合は必要に応じて交換する必要があります。
いづれにしても保存療法の場合では根本的な解決は難しいとされていますが、手術をせずに痛みを和らげる事が可能なので、最近ではよく使用されています。