体の症状の正しい知識を身に付け巻き爪の予防と治療法を知ろう

記事一覧

  • 巻き爪の種類

    巻き爪には状態と進行具合によって3つの種類があります。種類によって症状と痛みなども変わってきて、治療法や対処法も変わってきます。どの状態か判別し、種類を見分けることがまず先決です。

  • 予防と正しい爪の切方

    軽視しがちな爪切りですが、切り方によっては巻き爪を予防することも出来ます。正しい切り方は直線切りです。カーブをさせずに指と同じ高さで切り、先端端はヤスリを使用して整えていきます。

  • 巻き爪の治療法

    巻き爪の治療法は大きく分けて外科的治療が必要な手術と、状態を維持しながら痛みを和らげる保存療法があります。最近では後者がよく治療法に選ばれ、その方法にはワイヤーやプレートを使用した矯正法が用いられます。

なぜ巻き爪になるのか

西新宿で皮膚科を探しているなら、駅からすぐに行けるこちらが最適です。どんな肌トラブルでも確かな技術で解決できます。

ニキビやアトピーといったお肌トラブルを改善したいのであれば、西新宿にある皮膚科がオススメとなっていますよ。

男女ともに悩んでいる爪の症状の1つに、巻き爪があります。
巻き爪とは読んで字の通り、爪が内側に巻いてしまう現象です。
日本国内では10人に1がこの巻き爪の症状に悩まされていて、気付かないうちに、巻き爪予備軍となっていることもあります。
巻き爪の多くは足の爪に見られ、比較的指にかかる負担が多きい親指で起こることが多く、またよく見られます。
巻き爪が発症すると、爪が曲がってしまい、単純に見た目が酷くなります。
そして症状が進行し巻き込みが深くなると、周囲の皮膚に食い込み、次第に痛みが伴ってきます。場合によっては化膿して、痛みが酷くなることもあります。
巻き込み部分を切ってしまえばいいわけですが、爪の側面なので個人で行うのには中々難しいです。
巻き爪が見られたら病院で診てもらうのが先決です。
爪は皮膚の附属器官なため、皮膚科に診てもらう事で治療が可能です。

巻き爪と同様に皮膚に痛みや痒みを伴う症状にアトピー性皮膚炎があります。
単にアトピーとも呼ばれるこの症状は、皮膚の炎症の1つで、アレルギーを引き起こしやすい体質や、皮膚を守る免疫機能が元々低い方に多く見られる症状です。
痒みが伴うため、症状が出ると掻きむしることがあり、場合によっては皮膚を傷つけ痛みが生じることもあります。
アトピーは良くなる時と症状が出始める時が交互に訪れ、その度に痒みや皮膚の炎症が症状として現れます。
初めて症状が出始めて半年以上経過しても続く場合は慢性アトピーと言われ、感知するのが難しいと言われています。
巻き爪もそうですが、アトピーの場合も皮膚科に相談するのが一番手っ取り早く診断と治療が可能でしょう。
いづれにしても早めの皮膚科の受診が求められます。

爪が肉に喰い込むと非常に痛いですよね。東京で巻き爪を治療するならこちら。ワイヤーを使いながら症状を改善させていきます。

肌トラブルを起こしやすいなら港区の皮膚科に相談したほうが良いですよ。しっかりと対策すれば、健康的な肌になれます。

アレルギー性の皮膚炎などを綺麗に治すにはさいたま市の皮膚科が最適でしょう。専門医が丁寧に診察を行なってくれて安心です。